なぜツキノワグマは人を襲うようになったのか?自然の変化を鋭く見つめ続けてきた動物カメラマン宮崎学が送る新メッセージ
2010/9/7 火曜日   ツキノワグマ日記

ツキノワグマの個体数把握はかぎりなく可能に近づく

この30年間で、「ツキノワグマは確実に増えている」、とオイラは一貫して言ってきた。
それなりの根拠があるから、自信をもって言いつづけてきたのであるが、それを認める人はほとんどいない。
一笑にふされることも、ある。
どうやら、ツキノワグマはいまの日本では増えてはいけない動物、なのだ。
滅びに向かって減少していく動物でなければいけない、のである。

まあ、それもよかろう。
そのような考えの人は、現在目の前にある日本の自然環境を的確に見れない技術しかもちあわせていないのだとオイラは見ている。
野生動物の生息数を割り出すことは、たしかに常識的なセオリーしか持ち合わせてない人にはのっけから諦めの境地であろう。
だから、希少種で減少しているから観察できないのだと、技術のないところをクマの数の少なさに転化させているような気がする。

だが、オイラは違う。
写真家として、自分のカメラ技術がどこまで通用するのかをいつも考えているから、誰も考えないような発想力で「発明」をしたまでだ。

それが、「クマクール」と「マタミール」。
熊がほんとうに来るから、「クマクール」。
そして、雌雄の区別をするべく股間を見るから、「マタミール」。
これを無人撮影で同時にやってしまうのが、オイラの天才的な発明であり技術、なのである。

撮影だけではない、ツキノワグマが確実にやってくるようにするには秘伝の「媚薬」がいる。
この媚薬だって、ツキノワグマをしっかり観察していて自分で考えついた。
だから、この装置はオイラにしか使えないのである。

今年も、本州ではいろんなところにツキノワグマが出没して話題になっている。
なのに、異常気象だとか、奥山が荒廃しているからだとか、ドングリが少ないからだとか、相変わらずのコメントしか聞こえてこない。
ツキノワグマの個体数が多ければ、それだけ目撃数も増えるのではないのだろうか?
一体全体この日本の国土にどれくらいのツキノワグマが生息しているのか、それを割り出すのがいま優先順位としてはいちばん大切なことだと思う。
それなのに、大金を投入したGPSだけが確かな研究だと思い込まれているところがあるし、ヘアートラップによるDNA調査だとか、歯を抜いて年齢査定や頭蓋骨測定をしたり、ワンパターンな学習放獣を繰り返していても、いま現在大量に生息するツキノワグマの全体動向には何の役にもたってないとオイラは考える。

このため、ツキノワグマがどのくらい生息しているのかということはオイラにとっても緊急課題だった。
そこで昨年からクマクールの実験をやっていたが、今年でそのメドがついた。
とにかく、最近の収穫では一夜に5頭ものツキノワグマがクマクールにやってきたし、417枚もの撮影が一夜にできてしまったからだ。
これらの稼動は今現在でも進行中で、あとは2kmメッシュでクマクールの展開をはかればかなりの実態が分かってくると信じている。
これには、どこからも補助金など貰ってないし、すべてが自前なのでどこに気兼ねすることもなく気楽にたのしめるというのもいいことである。

写真上から:
1)耳ピアスの番号まで読めるから、放獣個体の追跡も可能だ。
2)こんな写真が連日連夜撮影されるから、新顔個体の発見には胸躍るものがある。
3)マーキングをしたり、取っ組み合いのけんかをしたり、複数個体間の親密度関係までもがよくわかる。
4)股間や腹部は、外側からでは分からない特徴もあってかなり複雑で面白い。

(from/ gaku )

コメント&トラックバック

4 Comments

  1. >どうやら、ツキノワグマはいまの日本では増えてはいけない動物、なのだ。
    滅びに向かって減少していく動物でなければいけない、のである。

    今日のニュースで、大分県で昭和62年に捕獲され、九州最後の野生の可能性があるとされていたツキノワグマが、DNA鑑定の結果、本州から持ち込まれたか、その子孫とみられることがわかったというニュースがありましたね。

    あの山深く広い九州全体からツキノワグマが1頭もいないなんて、どうなんでしょうか・・・。
    死んだクマを調査するのも重要ですが、それよりもう一度しっかり生息調査をするべきでは、ないかと思います。

    あっ、でも、その技術がないのか?・・・お上の行政機関。。

    Comment by もっち — 2010/9/7 火曜日 @ 19:40:28

  2. 先日、静岡県でニホンザルの被害にあっているニュースが頻繁に流れていました。
    それを見ているコメンテーターさんは山に餌が無いの一点張り…。
    専門家でもないようでしたが、余程自信があるのかどうか知りませんが、山に餌が無ければその地域でもっと多数のニホンザルの出没報告もしくは被害報告があってもよさそうな気がします。
    日本列島全体的に異常気象?であるならば、当然と考えるのはやはり素人考えでしょうか。
    その昔、岩手県か宮城県で住宅街に降りてくる熊を抑えるべく、山の中で、トウモロコシ畑等を作って緩衝地帯を作ろうとした人たちが居たことを思い出しました。当然、餌付けになるということで反対にあってましたけど。

    Comment by うどん — 2010/9/7 火曜日 @ 21:11:39

  3. くま減ってるだの絶滅危惧だの言う人は、山間地に住んでから、そういう発言をするべきではないかと。
    自分は安全地帯にいて、あーだこーだ言うのは反則でしょう。

    Comment by あーる — 2010/9/8 水曜日 @ 17:59:54

  4. ■もっち さん
    >あっ、でも、その技術がないのか?

    技術もない、身銭も切らないでは、何もできません。
    オイラの技術開発には費用もかかっております。
    発明報酬なんて、のっけから考えてない国民ですからこの技術は閻魔様のおみやげにします。

    ■うどん さん
    クマ、シカ、サル、イノシシは、四大害獣になってきました。
    これも、これまで平和に緊張感なく過ごしてきた日本社会へのツケが出てきたのでしょうね。

    ■あーる さん
    >自分は安全地帯にいて、あーだこーだ言うのは反則でしょう。

    おっしゃるとおりだと思います。
    クマの動きを知ればしるほど、ボク自身も自宅や仕事場での細心の注意が日増しに必要になってきました。
    夜間センサーなどで、玄関付近を見張る努力もしています。

    Comment by gaku — 2010/9/9 木曜日 @ 9:03:53

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

このブログへの訪問者