なぜツキノワグマは人を襲うようになったのか?自然の変化を鋭く見つめ続けてきた動物カメラマン宮崎学が送る新メッセージ
2008/12/4 木曜日   ツキノワグマ日記

クマの死体をみないワケ…


猟師の岩さんは、子供のときにツキノワグマに襲われて片目を失った。
涙腺を切られ、60年経った現在でも涙が容赦なく垂れてきて困るという。
顔面に負ったクマの深い爪あとを治すために、これまでに何回もの手術も受けてきた。大変な不自由をして現在でも生きているのだが、岩さんの人生はクマに襲われたその時から変わったという。

岩さんを襲ったクマは、手負い熊だった。
小学5年生の時に、学校へ向かう通学路で襲われたのだった。
なんの落ち度もない岩さんを突然クマが襲い、岩さんは計り知れない人生のダメージを受けてしまったのである。

以来、岩さんは自分の人生をむりやり変えられたクマのあだ討ちをするために、猟師になった。
2年前に、そんな岩さんにはじめて出会ったが、だからといって無差別にツキノワグマを殺しまくるというような猟師ではなかった。
たった独りで山にはいり、自分の人生を振り返りながら、いつもクマと向き合っていたからである。
それだけ、岩さんにも、クマのことを知りたいという気持ちが働いているからだ。

そんな岩さんから、電話があった。

「宮崎さん、○○山でオレ5日ほど前に熊を撃っただに
3匹いてなぁー、大きさはどれも同じくらいだった
そこで、真ん中のを撃ったん、なぁ
見事に当たって、クマはもんどりうってぶっ倒れた、さぁー
あと2匹も撃てたけれど、オレ独りだから、持ち帰れねえし、撃たなんだ
だけどよぅ、撃ったクマは80kgほどあったから、オレ独りでは引き上げることもできんのなぁ
そこで、血抜きの処理だけしておいて、翌日に仲間を連れて引き上げに行ったん、だに
仲間も仕事休んで手伝ってくれたけれど、そこでぶったまげたんだぁー
クマの体半身が何者かに食われてしまってなくなっていたんだ、よぅ
それも、脂身のいいところばっかりを食われていたん、さぁー

クマなんて、タヌキもキツネもみーーんな恐れをなしているから死体を食わないということをオレは聞いているのに、たった一晩で半身も食っていったやつがいたんだぁー
オレには、その意味がちっともわかんねえから、教えてくれんか、なぁー

で、逃がした残りの2頭のクマだが、誰か知らないけれど、オレが撃ったあと3日ほどのうちに近所で3頭もの熊を捕ったというにぃ
○○山にも、クマはかなり増えてきているぜぇ
場所教えるから、近いうちに現場まで一緒に行ってくれんか、なぁー? 」

この電話にはボク自身もぶったまげた。しかし、ある予測をこれまでにもしていたことであるから大きなヒントをもらったと思った。
それは、ツキノワグマは「共食い」を積極的にしているらしい、ということである。
ボクは40年のキャリアをもって自然界を見てきているが、これまで一度もツキノワグマの死体に出会ったことがないからである。
カモシカやニホンジカ、イノシシやサルなど他の野生動物の死体には何回か出会ってきている。
しかし、ツキノワグマだけは、骨のかけら一本も見たことがない、からである。
このことだけは、長年にわたるボク自身の疑問点だった。
しかも、山に精通している仲間に聞いてもみんな異口同音に「熊の死体だけは見たことがない」、という。

これほど謎が多いと、そこはやはり知ってみたいという好奇心がでてくる。
これは、なんとしてもその理由を探らなければならない、とボクは思うからである。
ツキノワグマが「共食い」をするという条件でこれまで経験してきているクマたちからのサインを分析すれば、やはりそこにはそれを裏付けるような観察結果もあるからだ。

岩さんとは、年内に現場へ出かける約束をした。
その現場で、ボク自身のアンテナがどこまでサインをキャッチするか、とても楽しみである。

写真:これはつい3日ほど前に射止められた熊。2008年度の熊も、しっかり脂がのって痩せてはいない。2006年から何頭もの熊の解体を見てきているが、「餌不足で痩せている」熊なんてどこにも見当たらない。ツキノワグマのすべてを語るには、猟師とも知り合い、猟師だけが見ている現場からの発見も聞き、それを分析することが絶対に必要だとボクは思っている。しかも、確実に分析できる力を身につけることも大切なことである。

(from/ gaku )

コメント&トラックバック

12 Comments

  1. こんにちは
    ヒグマは完璧に共食いしますよ

    過去に撃った熊が沢へ滑り落ち、更にデカいので 初期処理だけをして1晩置いておきました

    翌朝回収に行くと無いのです 新しいタイヤの跡は一切ありません
    上部から警戒して貰いながら、保存?しておいた場所へ行ってみると引きずった形跡が凄い
    しかも斜面を上へ どんだけぇ??

    親子はオスのテリトリーに入りません
    デカオスが親子のエリアに入ると逃げます
    コッコが喰われるからですよね

    Comment by 北海道のハンター — 2008/12/7 日曜日 @ 15:38:32

  2. ですよね?・・・シンポジウムで「必ずしもエサ不足でないんでないか?」という俺に、「テレビで見たクマはみんなやせてました!無責任なこと言わないでください!」って叫ぶクソ自然保護団体のクソ女め・・・。

    俺もかなりフィールドに入っているんですけど、そういえばクマの死体って見たこと無かったです。

    Comment by くまがい — 2008/12/8 月曜日 @ 23:53:27

  3. ■北海道のハンターさん

    こんにちは。
    貴重な情報をありがとうございます。
    ツキノワグマも、ほんと積極的に共食いをしているようです。
    また、こちらではニホンジカもかなり食っております。

    >親子はオスのテリトリーに入りません
    >デカオスが親子のエリアに入ると逃げます
    >コッコが喰われるからですよね

    ↑ このこともかなり観察結果がでておりますが、当ブログではもったいなくて書けないのですよ。

    ■くまがいさん

    クソですか?
    クソねぇー 糞っていう字でいいんですか。

    Comment by gaku — 2008/12/9 火曜日 @ 10:00:15

  4.  こんばんは
    >「餌不足で痩せている」熊なんてどこにも見当たらない
     これについては、私自身これまでの常識を覆す(?)ものを見てしまいましたので、今回はそれについて書いてみます。
     それは2年前の大量出没時の時でした。市街地から2キロも離れていない場所や平地で「どうすればこんなところまでクマが出没するのかこっちが聞きたいくらいだ」と思うような場所でクマの出没・捕獲が相次いだ時期がありました。
     これらの場所にたどり着くまではいくつもの車両の往来が激しい道路や川などを越えていかなければなりません。本来臆病すぎるほど慎重なクマがなぜここまでリスクを犯してまでこのような場所にまで出没したのか? おそらく「それほどまでクマは山の餌不足に悩んでいた」「そこで餌を求めて里へ里へと下りていくうちにここまで辿り着かざるを得なかった」「だから捕獲されたクマは気の毒なほどにやせこけているはずだ」との見解が思いつくはずだと思います。正直私もそう思っていました。次の現実を見るまでは・・・・
     これらの個体は残念なことにいずれも捕殺されたのですが、その後個体を見た途端、私は自分の目を疑いました。捕殺された個体はいずれもやせこけているどころが大きくて丸々と肥えていたのです。更にその後捕獲隊の方の協力を得て計測及び内蔵の状態を確認したところ、身長は140?150cm、体重は100?125kg、胃はパンパンに張っている、肝臓や肉にはしっかりと脂肪が乗っていた。これを見て私は更に自分の目を疑いました。しかもこれが1回だけではなく何回か繰り返されては・・・。私は「今まで信じていた常識は何だったのか」と強い衝撃に襲われました。
     これらの事実から自分なりに感じたことは、クマをはじめとする野生鳥獣、彼らは我々人間が思うよりずっとしたたかでたくましいのではないかということです。今回のレスのケースでいえば、彼らはずっと前からこの場所で餌を調達していたのではないかと。それも絶対に危険な目に遭わないコースを入念にチェックしながら。人間が絶対にマークしない場所や隠れ場所もあることまで計算づくの上で・・・。これらの場所で捕まったのはたまたまではなく、あまりにも人間のマークが甘かったので調子に乗りすぎた結果ではないかとさえ感じます。
     さて、ここからは私の仮説ですが、「クマが頻繁に人里に下りてくるようになったのは、山で住む場所や餌がなくなったからではなく、山里で大して美味くもない餌を競争して取り合うよりは、マークが甘くしかも山里より美味しい人里の餌を調達した方がずっと効率的であることをクマ自身が悟ったからではないか?」と。もちろん私の仮説が穴だらけであることは重々承知しています。でも、これまでの常識が通用しなくなった今、別の視点からクマの生態を捉えることも必要なのは確かなのではないでしょうか。
     以上、長々とすいませんでした。
     

    Comment by もとりんむ — 2008/12/9 火曜日 @ 22:59:51

  5. ■もとりんむ さん
    いつも的確なコメントをありがとうございます。
    前半の知見は、全面的に支持します。
    ボクも何頭もの死体の解体現場につきあって観察してきたとおりのことをこれまでにも伝えてきていますから、今回の意見には120パーセント賛成です。

    > さて、ここからは私の仮説ですが、「クマが頻繁に人里に下りてくるようになったのは、山で住む場所や餌がなくなったからではなく、山里で大して美味くもない餌を競争して取り合うよりは、マークが甘くしかも山里より美味しい人里の餌を調達した方がずっと効率的であることをクマ自身が悟ったからではないか?」と。

    これは、ここ40年間ほどの「タヌキ」の行動と個体数変化にすごく共通点があります。
    タヌキは雑食性ですが、高度経済成長と人間社会がたどってきた飽食と流通、環境意識変化に、見事にリンクして生活史を変えてきているからです。
    ツキノワグマも、とうぜん同じことがボクには見えてきていますので、現代人は熊だけを見つめるのではなく、もっともっと人間社会変化の時間軸を追いながら考察する必要があると思っています。
    そういうところに複眼発想して気づく人が残念ながら、今日の日本には専門家も含めていない、ようです。

    >これまでの常識が通用しなくなった今、別の視点からクマの生態を捉えることも必要なのは確かなのではないでしょうか。

    そうなんですよ、いちどすべてリセットして取りかからなければいけません。
    でも、洗脳されてしまっているから、リセットしても、さてその先どこから手をつけて構築していけばいいのか分からないのではないでしょうか。
    しかるに、まだまだ、熊をはじめとする日本の自然界のことを的確に判断できるようになるには時間がかかりそうです。

    Comment by gaku — 2008/12/12 金曜日 @ 9:12:32

  6. はじめまして。
    今は東京で会社勤めですが、学生の時はもっぱら
    クマの後をひたすらに追いかけていた者です。

    >クマの死体の件

    宮崎様の示唆に全く同感です。
    幸運にも(?)、過去に1度だけ
    クマに喰われたクマの新鮮な「死体」を
    見る機会がありましたが、体の大部分が
    それこそキレイさっぱり無くなっていました。

    また、その他にも“クマ100%”のクマの
    糞を幾つか拾ったことがありますが、仔が
    喰われたものは、人間の指程の爪が混じった
    獣臭い「毛玉」でした…

    あんな大喰いの同族に襲われたら、痕跡も
    殆ど残らないですよね。

    それにしても、交信手段に「超音波」、は
    興味深いですね。自分はてっきりホルモンか
    何かを頼っていると考えていました。

    Comment by うおのめ — 2008/12/16 火曜日 @ 22:27:23

  7. ■うおのめ さん
    楽しい実話をありがとうございました。
    共食いのことは、以前から意識しておりましたことなので、クマの生皮を使って実験中です。
    そのうちに、クマの反応写真も撮れることでしょう。

    >それにしても、交信手段に「超音波」、は
    興味深いですね。

    こうしたちょっとした発見から展開していくことに、自然界をさぐる面白さがあるのです。
    来年は、そんな超音波をさぐるスタジオをフィールドにつくります。

    Comment by gaku — 2008/12/19 金曜日 @ 9:20:47

  8. 初めまして
    私、秋田県の阿仁マタギと長年付き合って参りました。

    彼らの中には猟期以外にも山に入って熊を眺めるくらい熊が好きな人が沢山います。

    寝ている熊の背中を突いて驚かせたりする茶目っ気のある人達です。

    そのベテランマタギが最近の熊は昔と違う、行動パターンが読めなくなったといいます。

    それが一人や二人ではありません。

    去年などは民家の軒下で餓死した熊が見つかりました。

    一体どういう事でしょうか?

    Comment by 田中康弘 — 2009/3/10 火曜日 @ 14:16:50

  9. 田中康弘さん、はじめまして。

    行動パターンが読めなくなったのは、それだけ熊の数が増えて、複数パターンに翻弄されている部分があると思います。
    こちらの猟師も、経験にもとづいて精通しているところはありますが、科学的複眼発想のできないヒトも多くいます。
    なので、猟師の意見は参考にはしますが、半分以下に聞きながら僕は自分自身の視点で再確認するという作業を繰り返しています。
    ですから、「マタギ」だからといってそれが絶対に正しいとは思いませんし、現地にボクが暮らしていればそこで自分自身が納得いくまで確認作業をすると思います。

    >去年などは民家の軒下で餓死した熊が見つかりました。
    >一体どういう事でしょうか?

     一体どういうことでしょうかといわれても、
    「餓死」という表現だけだと、動物愛護団体をよろこばすだけの言葉になっているように思われますが、
    それが本当に「餓死」なのか、「病死」なのか…、
    そういった死因究明の連続写真などを提示しながら言葉の表現をされるといいと思います。
    ネット時代でもありますから、ビジュアルな部分が証左を大きく左右させるので、ただの「餓死」だけだと誤解された言葉となって一人歩きしてしまう可能性があります。
    なのでボクなら、このような「餓死」という情報があれば、写真家なのでもっと細部に迫った内容写真を添えて発信すると思います。
    そして、相手がいればそうした写真を示しながら質問をしていくと思いますので、この場合にはどのようにお答えをすればよいやらと返答に窮しています。

    Comment by gaku — 2009/3/11 水曜日 @ 10:51:37

  10. 宮崎様
    ご丁寧にありがとうございます。

    全くの素人が口を挟んでしまいまして申し訳ありませんでした。

    自信の体験ゼロの聞いた話ですから言われるようにお話になりませんね。

    迂闊な書き込み反省しております。

    こちらのサイトこれからも楽しみに拝見させて頂きます。

    またしょうもない事をお伺いするかも知れませんが宜しくお願い致します。

    Comment by 田中康弘 — 2009/3/11 水曜日 @ 22:31:11

  11. 田中康弘さん
    >彼らの中には猟期以外にも山に入って熊を眺めるくらい熊が好きな人が沢山います。
    >寝ている熊の背中を突いて驚かせたりする茶目っ気のある人達です。

    あなたは「迂闊な書き込み反省」と書いてありますが、
    迂闊以前の問題ですね。

    動物園で飼育されている熊は別として、野生の熊が、人に背中をつつかれるまで気がつかない程熟睡するはずがありません。

    こんな事を平気で書くあなたは単なるお馬鹿さんです。

    仮にそうしたとしたら、襲われて大怪我をするか、命を落とします。

    Comment by ひろし — 2010/2/14 日曜日 @ 15:36:52

  12. 田中康弘か、
    こいうアホがいるんだね。

    Comment by まさと — 2010/7/17 土曜日 @ 21:01:14

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

このブログへの訪問者