なぜツキノワグマは人を襲うようになったのか?自然の変化を鋭く見つめ続けてきた動物カメラマン宮崎学が送る新メッセージ
2012/11/25 日曜日   ツキノワグマ日記

ツキノワグマは「人を食う」…か?

7月から中央アルプスの駒ヶ根高原で行方不明となっている50代女性は、結局いまだに発見されていない。
観光地のど真ん中で、近所にはホテルやレストランなどもあって、車や人の往来のあるその道路からいきなり行方不明となった。
オイラの仕事場からは、400mくらいしか離れていない場所。

行方不明直後から数日間、かなり大がかりな捜索がされていた。
周辺道路などには50m置きくらいに消防団などが張り付き、くまなく探しているようすがみられた。
県警のヘリコプターもやってきて、空からの捜索も行われていた。
真夏なので、草木も生い茂り見通しはきわめて悪い。
しかし、不明者の手がかりはまったくつかめなかった。


そんな様子をみてオイラは、絶望的だろうな、と思っていた。
「視認」に頼る探索法というよりも、すでに亡くなっている可能性があり、臭いによる「嗅覚」で探すことの大切さを感じたものだが、若い消防団員にそのような認識と感覚があるのか多いに疑問を感じた。
けっきょく「神隠し」にあったというような結論で、晩秋の季節を迎えた、のだった。
このとき、「動物に食われているだろう…な」というようなことが、一部の地域住民から聞こえてきた。
そして、ことあるごとに、
「gakuさんよう、クマは人を食うかねぇー?」 、とオイラにも疑問をぶつけてくるのだった。

その返事としてオイラは、

「ああ、食うよ。死体だったらあっという間に食ってしまう。
数頭の熊がいれば、いいところ3日だ、な。
人間だって、死んでしまえば雑食動物にとっては『餌』でしかないから、あっというまに食べられてしまう、さ。
熊はドングリやハチミツしか食べないと思っている人は多いけれど、そんなに品行方正で崇高な動物ではないのだから、な。
アフリカにハイエナがいて自然環境をクリーニングするように、ツキノワグマは日本のハイエナ的位置づけとなるスカベンジャー、なのよ。
自然界のあらゆる動物の死体なども食べて処理しているのが、熊だからな。
でなければ、あのような感度のよい鼻をしてないし、巨大なキバも持ってない。しかも、胆のうが大きくて立派なのは、肉を消化しなければならない内臓パーツ、だからさ。
そんな体の特徴を備えながら、縄文時代、弥生時代、戦国時代…、そして平成時代の今日までツキノワグマはこの日本という環境下にちゃんと生きてきているということを理解しなければならない。
ということは、里山でどう生きていけばいいのかといった方法論をクマはすでに確立している動物だから、人間社会の周辺での生き方の折り合いは充分につけてきている、からじゃ、よ。
江戸時代や昭和のはじめくらいまでは、日本も土葬だったので「くまで」といわれるあのような爪で、墓を暴いて人だって食ってきていたんだから、な。
その反省もあって「火葬」文化になって今日があるのだけれど、火葬しか知らない現代人にはとうてい理解できない熊の生態かもしれない、な。
自然界には「死の生態学」がちゃんとあるのに、そのことを知ろうとしない平成現代人には、まさに神隠しになってしまうんじゃ、よ。
そんな現代人のためにオイラは、「死」や「死を食べる」という写真集を出しているのだから、これは偉大なる自然エコロジー写真作家にしかできないテーマじゃ、ぞ!!」。


と、まあ、オイラがツキノワグマの本質的なところを語ればこうなるのである。
こんな視点で自然界や野生を語れるのは日本でもオイラだけ、だろう。
ツキノワグマの研究者や専門家というヒトたちで、ここまで語れる人をオイラはまだ知らない。
だから、オイラは写真家として視覚言語の立証へと向かうのはふつうのこと、なのである。
それこそオイラは、自分に課せた宿題をやればいいことだけ、なのである。
ちなみに、この駒ヶ根高原周辺には、ツキノワグマが大小10頭以上生息していることも付け加えておこう。
この頭数の存在は、何台もの高性能な自作無人撮影ロボットカメラを駆使して、オイラだけが確認しえていることだから自信をもっていえる、のである。

写真:シカの死体を食べるツキノワグマ。雑食動物のクマだから、死体を普通に食べていることを忘れてはならない。

(from/ gaku )

コメント&トラックバック

16 Comments

  1. ブログタイトルから、思い起こされる話が一つあります。

    同じ県内に在住の大学後輩がいたのですが、その彼がある年の年度末に失踪してしまいました。車の発見場所から、山に入って自殺を図ったのではないかという事になりました。
    5月の連休に山菜取りにその山に入った人達が居ても、彼は発見されることはなく、どこかでホームレスとなって生存しているのではと周辺の人間は望みをつないでいました。
    しかし、1年8ヵ月後に遺体がみつかったという噂が届いたのですが、葬儀は執り行われませんでした。どういうことかといぶかしく思っていたのですが、ある人が教えてくれたのは、「動物の歯型のついた頭部が見つかっただけで、体はまだ見つかっていないのだ。」と。
    山に棲む獣が、遺体から頭部だけを運んできたということのようです。野犬も同族である犬を襲いますが、その周辺は自治体が配布したクマの出没マップの範囲内でもあります。野犬とクマの目撃情報では、クマの方が多いようです。

    遺族は、体も見つかるのではと葬儀を待っているのだと思うのですが、彼は帰ってこないかもしれません。

    Comment by プロキオン — 2012/11/27 火曜日 @ 10:12:19

  2. すごい迫力ある写真ですね~特に4枚目のシカの死骸を抑える、前足に迫力を感じます。

    あんな手で、ひっぱたかれたら、人間なんて、ひとたまりも、ありませんね。。

    死んでしまえば、人間も動物も、他の動物の食料でしかありませんからね・・・

    プロキオンさんのお話も、怖いことですが、待っていても、戻ってこないでしょうね・・・

    Comment by てっちゃん — 2012/11/27 火曜日 @ 16:17:19

  3. こんばんは、お久しぶりです。
    ベアアタックス?でしたっけ、か何かに書かれてたと思うのですが、殺された母熊の死体を小熊が食うと言う記述があったと思います。
    人の死体なんかクマにとってはなんでも無いでしょうね。
    ただの”食い物”だと思います、塩味の効いたね。
    よほど熊の嫌がるニオイでも付けてれば別なのでしょうが。

    しかし、食肉目って昼間何処に隠れてるのでしょうね?
    猟場に行くのに早朝(夜中?)、車を走らせてると轢きそうな位タヌキとアナグマが道を走っているのですが、昼間は全くみません。
    クマは猟期にはさすがに無いのですが。

    そう言えば今年、バイクで東北の山地のキャンプ場に行った時、便所の裏でクマが何かエサ食ってました。
    始め見た時、キャンプ場で飼ってるのかと思いましたよ。
    まあ、いずれ問題起こすでしょうね、あのクマ。

    Comment by いち猟師 — 2012/11/28 水曜日 @ 22:01:10

  4. 貴重な写真の公開、ありがとうございます。
    美作市のクマサミットも感慨深く拝聴しました。

    死んだ動物がクマやその他の動物のエサになること自体が(あまりよい意味でなく)話題になるのが、悲しい現実と思います。アラスカなどでは観光でトレッキングしていても当たり前に目にするような光景がなんですが、今更話題になるのですね。

    介護や肉親の死にしても、避けられないことであり、ある意味日常であるはずですが、なかなか語られることはなく、特に子どもたちにちゃんと伝えられないことは嘆かわしいと感じております。

    今すぐに、クマに食われて死にたくはないですが、老後の山歩きで足を踏み外して転落死したなら、無駄に腐るよりもクマに食われて糞になり、どこかで育つ木の栄養にでもなればと願っております。

    自ら命を絶つような死や、戦争や犯罪による死を肯定するものではありませんが、生き物にとって死は日常であり、クマに食われようと、ウジがわいても幸せなシカは幸せなシカだと思います。

    どうか今後も、ご活躍され、良い写真を発表してください。

    クマサミットで「今時の野生動物」にサインをいただき損ねたファンより。

    Comment by 匿名希望 — 2012/11/30 金曜日 @ 16:37:19

  5. いつもながらショッキングなお写真です。
    こんなところにお住まいのgakuさん。
    アラスカ辺りの人なら44マグナムやデザートイーグルなんかを常に腰にぶら下げているところだと凡人は考えてしまいます。
    無論、おいそれと鉢合わせしてしまうようなgakuさんではないでしょうけれど。

    Comment by 匿名希望 — 2012/12/1 土曜日 @ 17:14:55

  6. 日本ではツキノワグマは比較的おとなしい動物といわれることが多いの
    ですが大陸に住むツキノワグマはもっと大型で気性も荒くインドなどで
    はトラよりも恐れられている動物だといわれています。日本ツキノワグマ
    も元々は同じDNAを有していたはずです。大陸型と日本型の違いは
    単なる亜種の違いにすぎないのですから日本型だけ小型でおとなしい
    と定義ずけるほうが不自然なような気がします。

    Comment by ロータス — 2012/12/11 火曜日 @ 10:54:34

  7. 本日の中日新聞朝刊に、「肉の味 覚えるクマ」というタイトルの記事があり、gakuさんの撮ったクマがシカを食べている写真が載ってました。ドングリとかの木の実くらいしか食べないだろうと思っている人には、いささかショッキングな印象があったかもしれません。肉食を覚えたクマは危険との警鐘を鳴らすgakuさんのコメントもありました。
    しかし、たまたまクマに出くわしても、そのクマが肉食を覚えているのかどうかなんて判別できないでしょうから、もはやクマには出会わないようにするしかありませんね。

    Comment by 山歩人 — 2012/12/19 水曜日 @ 22:46:06

  8. 行旅死亡人データベース
    http://theoria.s284.xrea.com/corpse/

    官報に身元不明遺体の公開を行っている個所があります。
    このところホームレスのような方々が山の中で自ら命を絶つことが
    多いようです。
    遺体が見つかればいいのですが
    影も形もなくなるケースもあるのでしょうね。

    Comment by おかのやの先 — 2012/12/28 金曜日 @ 14:09:38

  9. ■山歩人さん

    その「中日新聞」=「東京新聞」の記事には、またまたマスコミ特有のミスリードがありました。
    オイラは、ちゃんと説明しているのに記者はどうも理解できてないみたい、、、、。

    で、日本のツキノワグマはすべて「肉食」していることをお忘れなく。
    ツキノワグマは、メインディッシュが『肉』で、ドングリやハチミツなんてのはデザートなんですよ。

    Comment by gaku — 2012/12/29 土曜日 @ 8:22:34

  10. クマは雑食性という理解でしたが、
    雑食性すなわち「動物(肉類)、木の実、果物、農作物、残飯等の手近にあるものを食べる」ではなく「主に肉類を好み、その他の木の実、果物、農作物、残飯等も適当に食べる」ということですか。

    ところで、たとえ遺体とはいえ人の肉の味を一度覚えてしまったクマは生きている人間をどう見ているのでしょうか。

    インドの奥地あたりで人食いトラが出る事件が時々あるようですが、必ず探し出して殺すとか。人の肉の味を覚えたトラは繰り返し人を襲うようになるからだそうです。サーカスや動物園のライオンやトラが一度人を襲うと、同様の理由で処分するという話もあったような記憶があります。

    クマは、ライオンやトラのような凶暴な狩猟型ではなく、木の実、果物、農作物、残飯等も食べるおとなしい農耕型(個体のキャラにもよると思いますが)だとすれば、まだ多少は安心でしょうか。

    Comment by 山歩人 — 2013/1/1 火曜日 @ 14:24:51

  11. 埼玉県の飯能市で一昨年
    ペット争議業者が火葬したと嘘をついて
    適当な骨を依頼者に渡して
    飯能と横瀬町の境あたりの山に
    おびただしい数の犬の死骸を遺棄していました
    そのためかどうかわかりませんが
    横瀬町でつないである飼い犬がクマに捕食される事件が続いています。

    Comment by おかのやの先 — 2013/1/1 火曜日 @ 20:42:30

  12. ペット争議業者→×
    ペット葬儀業者→○です
    すいません

    Comment by おかのやの先 — 2013/1/1 火曜日 @ 20:43:32

  13. おめでとうございます。それにしても中日新聞の記者の無知にはあきれますね。雑食の意味が全然理解していなくてただ読者に恐怖を植え付けるだけ
    になってます。もし本当にツキノワグマを理解しようとしたらツキノワグマ
    だけじゃあなくヒグマや他のクマの習性などもある程度勉強しなければ
    本当のクマのことは書けない思いますよ。例えば凶暴といわれている
    ヒグマでさえ住むところのエサの環境でかなり性質に違いがあると
    言われています。他の話題でもそうだと思いますが今の日本のマスコミ
    にそういったことを期待しても無理かもしれませんが。

    Comment by ロータス — 2013/1/3 木曜日 @ 8:53:21

  14. カラスもそうですよね!?

    Comment by こんばんは — 2013/7/14 日曜日 @ 1:10:07

  15. 衝撃的な写真ですね。
    人間と同じ様に野生動物にも 食糧危機 人による迫害に怯えながらも懸命に生きているのだと思います。
    御遺体を食べるのは私達人間も同じ事。魚や牛等の家畜が、珍味と言って人間の勝手な都合で殺され食べられる動物達の無念さは計り知れません。

    Comment by いきものがかり — 2013/8/13 火曜日 @ 6:06:52

  16. 昨今は、クマも猫目とされているようですが、あの歯を見れば犬歯に限らず切歯も臼歯も完全に肉食適応の歯ですね。食肉目という呼び名の方が、しっくりときます。
    山の中では、これが本来の姿であって、特別な事ではなく、日常の姿なのでしょう。

    「羆嵐」、かつて少年誌に連載されていたのを読んでいましたが、近くの書店にたまたまありましたので、あらためて再読してみました。やはり、頭蓋骨が最後まで、食べ残されるようですね。
    それなら、後輩はもう戻ってくることはないのでしょうね。

    Comment by プロキオン — 2013/8/20 火曜日 @ 9:45:08

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

このブログへの訪問者