なぜツキノワグマは人を襲うようになったのか?自然の変化を鋭く見つめ続けてきた動物カメラマン宮崎学が送る新メッセージ

写真家 宮崎学(みやざき・がく)

宮崎学 1949年、長野県生まれ。自然と人間をテーマに、社会的視点にたった「自然界の報道写真家」として活動中。 978年「ふくろう」で第1回絵本にっぽん大賞、1982年「鷲と鷹」で日本写真協会新人賞、1990年「フクロウ」で第9回土門拳賞、1995年「死」で日本写真協会年度賞、「アニマル黙示録」で講談社出版文化賞受賞。他写真集・著書多数。最新刊「かわりゆく環境・日本生き物レポート」や「ツキノワグマ」「森の写真動物記」のシリーズが発刊中。ホームページでは、中央アルプス山麓の仕事場をライブカメラにて24時間中継し、「家に居ながらにして自然が感じられる」と好評。

宮崎学のホームページ

▼宮崎がく公式サイト

森の365日 宮崎学の公式サイト「森の365日」。著書の案内や、ギャラリー、過去のエッセイなどを掲載しています。

▼仲間になりたい人募集中!!

森の仲間コミュニティ 宮崎学の写真講座と自然講座「gaku塾」が森のコミュニティSNSに変わりました。

▼衝撃の取材レポート

ツキノワグマ事件簿 人をおそれない新世代熊とは?クマとの遭遇を避けるには?突然クマに出会ったら!

▼環境問題講演依頼はこちら

環境問題・エコロジー講演会講師 宮崎学 スライド上映を交えて楽しく一緒に考えていただける内容となっています。

▼みんなで作る生物データベース

五感で観察する WEB自然図鑑 写真素材・写真図鑑・ネイチャーフォトのデータベース、五感で観察する WEB自然図鑑。

▼動物ライブカメラを24時間中継

野生動物森のライブカメラ 野生動物を生中継・森のライブカメラ/タヌキ、キツネ、テン、むささび、昆虫が中央アルプスの森のカメラにやってくる!

宮崎学の著書・仕事

自然からのメッセージ/生き物たちから学ぶ

〜フクロウと森と土の話 〜 こうして見てみると、フクロウ→ネズミ→バクテリア→樹木・・・といった環境の輪が見えてきます。フクロウは「森の哲学者」ともいわれますが、この鳥を見ているだけで、森の不思議さ大切さがわかります。 ボクはフクロウが「私の目を通して見た森と自然の話をみなさんに伝えて欲しい」と言っているように感じるのです。 (講演録より一部抜粋)

<著書> 死ーDeathinNature

自然界の生死にカメラを向けてみると、死を待っている生物がたくさんいることに気づいた。いわば、他の動物が死んでくれないと生きていけない生物がいたのである。他の生物に食われて自然に形がなくなっていく。それこそが、自然の生命としてもっとも幸せなことかも知れない。

<著書> ツキノワグマ

騒音や人を恐れない新世代のツキノワグマが、着実にその数を増やしている。なぜツキノワグマは人を襲うようになったのか? 長野県を舞台にツキノワグマの変化を鋭く視つめ続けてきた動物カメラマン・宮崎学が、その謎に迫る。

<環境講演会>動物の目で環境を見るとき、いろんなものが見えてくる

動物や、鳥、魚、昆虫・・・・。いろんな生きもののことを考えるとき、ぼくらは、かれらがすむ山や海、森や川のこと、そして空気や水のこともいっしょに考えます。けれども、そうした環境の中に人間の生活も含まれていることを、どうも忘れてきてしまったようです。動物写真家として、カメラを通して見続けているうちに、動物や鳥や魚や昆虫たちが、ぼくにそのことを教えてくれました。 「環境」ってなんだろう?みんながつながっている世界、それが「環境」。いま、そのつながりをあらためて見直す必要がありそうです。ぼくが受けとった、動物たちの、そして自然からの環境メッセージが、「アニマルアイズ・動物の目で環境を見る」です (偕成社/アニマルイアズより抜粋)

洗剤キャップの 棲み心地は

自然環境は、人間の営みと共に変化している。「都市化」「国際化」「過疎化」「飽食」「ゴミ問題」……。環境変化の中で、野生動物はしたたかな戦略で生きている。数十年間、その変化を見続けてきた宮崎学が写真と文章でつづる最前線レポート。

<講演>動物の目から見た環境問題。農業と動物被害を考える

動物写真家 宮崎学の視点でみた、自然界からの人間社会へのメッセージ 自然界の報道写真家とし見えてくる現代社会の問題点や、環境問題について、スライド上映を交えて楽しく一緒に考えていただける内容となっています。

写真展などの選考・講評・講師、撮影会の講師

野外にて自由行動での撮影会。その後撮影データをパソコンに写しながら上映会と講評。 野外撮影会やワークショップの講師をご希望の方はこちらをご覧下さい。ニコンでの講師経験をもとに楽しいセミナーを開きます。